HOME > 病名検索 > メニエール病
メニエール病
メニエール病

メニエール病とは、内耳の内リンパ液の調整がなんらかの原因でうまくいかなくなって過剰になり、内リンパ水腫をつくり、これが神経を圧迫し、めまい、耳鳴り、難聴などのさまざまな症状が現れる状態です。メニエール病は、めまいと相まって、耳の聞こえにくいのと耳鳴りが重なる状態です。

フランス人の医師でプロスペル・メニエールが初めて提唱した病気です。厚生労働省の特定疾患に指定されている難病です。メニエール病は、内耳のリンパ液の産生量と吸収量のバランスが崩れることにより起こると考えられています。通常は、分泌と吸収が絶えず行われて、リンパ液は一定量に保たれています。

ところが内耳リンパ液の産生量が増えたり吸収量が減ったりすると、この均衡が崩れて、リンパ液の量が増えてしまいます。症状としては、回転性の激しいめまいが何の前ぶれもなく突然起こり、吐き気や嘔吐を伴います。これらの症状は通常2~3時間続きますが、まれに24時間近く続くこともあります。

発症した側の耳に、閉塞感や圧迫感が周期的に生じます。聴力に変動がみられ、数年かけて徐々に悪化していきます。耳鳴りは恒常的な場合も断続的な場合もあり、めまい発作の最中や前後に悪化することがあります。難聴や耳鳴りは、普通は片側の耳だけに起こります。

あるタイプのメニエール病では、最初のめまい発作が起こる数カ月もしくは数年前に難聴と耳鳴りが発症し、めまい発作が起こりはじめると聴力が回復します。メニエール病は激しいめまいの反復が特徴であり、一側性の難聴・耳鳴りと発作的めまいが三主徴症状である。めまいは発作的、突発的で回転性のめまいがおこります。

中枢神経症状が一切見られず、かつ原因が分かるめまいや難聴を主訴とする疾患が除外できるものがメニエール病に相当します。メニエール病は女性に多く、発症年齢は30歳台後半から40歳台前半にピークを持つ山型です。有病率は主な個別調査では人口10万人当たり15~18人ですが、受診圏の限定された地域では人口10万人当たり25~38人と高値を示しています。

また、臨床統計システムの確立しているスウェーデンでは人口10万人当り46人との報告があります。今までの調査で、体格では健康な人と比べて肥満者の割合が少ない、性格は几帳面・神経質と答える割合が高い、精神的・肉体的疲労、ストレス、睡眠不足などの状態の人に起こり易い傾向があります。

当院の取り組み

中国医学鍼灸院のメニエール病の治療目的は、できるかぎりの回復の機会を提供することとメニエール病の完全な回復までの時間を短縮することです。メニエール病の治療は、西洋医学以外に東洋医学の針灸治療が効果的です。

中国医学鍼灸院は25年間、メニエール病の治療に力を入れて、試行錯誤の末、独自の電気針治療法を開発しました。特殊な鍼と電気の併用で良い成果を上げています。 治療によって、全身の症状が改善します。治癒した例、改善した例を合わせると患者の90%は経過がよいと考えられます。
中国医学鍼灸院の治療方法はメニエール病の頑固さ、個々の患者さんの病気のタイプや症状などに合わせて、きめ細やかな対応を心がけています。治療も多岐に渡って行います。当院は中医学的な弁証論治の基本を元に、特殊な電気針治療法を組み合わせることで、最大限の効果を引き出します。

治療実績

当院の独自な鍼灸治療は、神経の炎症を抑えたり、めまいや耳鳴りを軽減する効果の高い方法です。
治療によって、全身の症状が改善します。治癒した例、改善した例を合わせると患者の90%は経過がよいと考えられます。
しかも、鍼灸治療を受けた前、年に数回発作の方が多くいらっしゃいましたが、鍼灸治療を受けた後、完治し、再発も殆どありませんでした。頑固なメニエール病患者に鍼灸治療を薦めたいですね。

鍼灸治療のメカニズム

鍼灸治療によって、水分の排出を促し、三半規管と蝸牛にたまる水ぶくれのような内リンパ液の状態を改善します。また鍼灸治療は、内耳の血液の流れをよくすることで、内耳の働きと循環が改善し、めまいを起こしにくくなります。